愛煙家に対する女性の意見

世界的な動向として、喫煙に対する目は年々厳しくなっています。
愛煙家にとって厳しくなったとは言え、まだまだ日本は喫煙家にとって暮らしやすい国であることに間違えありません。
欧米では、公共の場、例えばレストランやパブ等で喫煙することが禁止されている国があります。
当然、税金も高くタバコが一箱1000円近くする国も珍しくありません。
また社会的に愛煙家に対する目は厳しく、会社によっては喫煙者は採用しないと言う企業も見られるほどです。
特に多くの女性の意見としては、臭いがつく、体に悪いと言ったイメージが先行し百害あって一利なしと考える人が多数派です。
一部の国では、愛煙家のことを化石に例える国もある程です。
つまり、タバコを吸うこと事態が古い考えだと例えられており、化石のような人だと揶揄されるのです。
日本では、公共の場において、一昔に比べて分煙化が進み、たしかに愛煙家の肩身は狭くなりましたが、そこまで社会的に徹底した動きは見られません。
税金も年々上がっており、タバコ一箱の値段は昔より俄然高くなってはいますが、まだまだお小遣いで捻出できる金額です。
そのため、タバコを吸う場合、周りの人の理解を得てマナーを守って吸う必要があります。